忍者ブログ
Admin / Write / Res
SecondLifeの気ままライフ
<< 07   2018/08   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     09 >>
[132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パーティクルの軌道については

おーざっぱにプリムを中心として外側へ向かうもの
逆の中心へ向かうもの
の2つに
風と重力の影響が重なる
ほかにターゲットに向かって飛んで行くってのがある

これらのパターンだと細かいターンをする複雑な軌道にはならないのでどうにかして再現させたいと思った

そこで思いついたのがターゲットに向かって飛んで行くパーティクルでターゲットをこまめに移動させることでターゲット位置を変えてパーティクルの軌道を単調にならないようにすればいいんじゃないかと思ったわけだ

プリムの移動スクリやったことないので手探りで色々と試してみた
初めに使ってみたのが
llSetBuoyancy( float buoyancy );
コレ浮力制御できるらしい
ただ浮力だけなので平面方向の移動はコレのみではできないっぽい
無重力状態を再現できるような感じ
平面方向へは風まかせでただようことができるようだ
これはこれで面白いけどほたるっぽい感じには不向きなので却下!!

次に試したのが
llSetPos( vector pos );
3軸方向に移動可能
一度の実行での最大移動距離は10m以内
瞬間で移動する
良い感じになったけどまだ少しイメージと違う
ターゲットが瞬間的に移動するためパーティクルの軌道がカクカクしたものになった
ターゲットプリムが瞬間的に消えて移動するため捕まえにくいw
扱いにくいため却下!!!

最後に試したのは
llMoveToTarget( vector target, float tau );
コイツが良い感じになった
tau は vector target まで到着する時間を指定できるっぽい
瞬間的に移動せず滑るように移動するのでパーティクルのターゲットもそれに追従した動きになりカクカクした軌跡にならずとても良い感じの動きをしてくれた

さらに続く
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
るし
年齢:
10
性別:
非公開
誕生日:
2007/10/31
職業:
SL職:自由人
趣味:
SL趣味:その時その時興味を持ってやっているコトが趣味
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright ©   隠居生活記 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]