忍者ブログ
Admin / Write / Res
SecondLifeの気ままライフ
<< 07   2018/08   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     09 >>
[159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スクリ一時休止中
びゅわで見え方違うショックからまだ立ち直れていないことから
見え方が変わらない既存のヤツ利用してあることに挑戦中
今までめんどくさくて手を出さなかった分野
やってみたけどやっぱりめどくくせぇ~
でもまぁ被らないモノだなと思ってやってみることにした
ま~途中で飽きてやめるかもしれないから何やってるのかはナイショ

----------------------------

づ~っとV1びゅわ使っててインワールド外のコトに興味無かったこともあって
V2系・不死鳥びゅわ乗り換えで色々と問題点出てきたな~と感じた
アバにアルファテクス
色々と他に波及しそうな問題が孕んでいるなと感じた
ネットの世界ではユーザーにモラルを期待してはいけないんです
常に悪い方向を想定して対応するようにしてほしいなと思った
そこまでやってもユーザーは必ずその上を行くものなんです
リアルで顔付き合わせることで理性が働いても壁1枚隔てると変わるものです
ましてやネットとなると理性の壁なんて期待するほうがバカ

新しい仕様のように透明アバにメッシュクロスってなっていくだろう
さ~そこでスキンをMOD可にってのはアサハカだなとね
簡単にコピーできるだろう
人気店のMOD可スキンで一番簡単にコピれることを実験してみた
特に変わった手順やソフト使わないでできた
悪用されるのイヤだからどうやったかは記述するつもりはない
どうなることやら

-------------------------------

ちょっと辛口
ちなみにCOLLADA形式サポートはSLの起爆剤にはまったくならないだろう
CGユーザー系の間口を設けただけの仕様
既存のSLプレイヤーにとってはワールド内が綺麗になるのは喜ばしいことだが
冷静に見ると見劣りしていたSLが他の3DMMOの描画に追いついてきたにすぎないだけ
描画系ではSLは後手を踏んでいることに変わりはないのだ
SLのクリエイターに取ってCGソフトはSLの補完的なものに過ぎないように思えるだろうが
それは思い上がり
CGソフトはSLの補完道具などではなくそれぞれがCGの世界で一本どっこで生きているソフトなのだ
その証拠にCGデザイン雑誌に出てくるのはCGソフトでSLなど出る幕は無い独自の世界がすでに出来上がっている
間口を広げることはいいけどソッチの世界の人がSLに新規に来ることは無いだろう

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
るし
年齢:
10
性別:
非公開
誕生日:
2007/10/31
職業:
SL職:自由人
趣味:
SL趣味:その時その時興味を持ってやっているコトが趣味
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright ©   隠居生活記 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]