忍者ブログ
Admin / Write / Res
SecondLifeの気ままライフ
<< 12   2018/01   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     02 >>
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

M2Sculpt購入しますたw

実は初めて使った(アタリマエだ
コレすごくいいね

SLの中で実際にスカルプでモノを作成する人が造っただけのことはある
カユい所までしっかりと手が届いている
取り扱い説明書もすごく親切丁寧だ
メタセコとSLをつなぐ支援ツールとなるワケだが
初心者でもわかりやすいようにメタセコでのモデリングのやりかたまで説明書に盛り込んである
さらに親切なのが各種アスペクト比に対応したメタセコのファイルまで付属している
各種3Dモデリングツールは別にSLを前提として作成されていないツールが多い
SLに対応するかたちの初めのテンプレート作成までが重要で
それさえ出来てしまえばあとはモデリングに集中できるようになるんだけどさ
このテンプレ作成までって結構ダルい作業なんだよね
その点でもテンプレファイル付属ってのは非常に嬉しいものである

気に入ったモノには出し惜しみするつもりは無い
サブPCでインストしたけどメインにも欲しくなって2ライセンス分購入させていただきましたw

インワールドで可能なコトはなるべくインワールドでと思って簡単な形状は直接BMP手書き
数値計算だけではメンドクサイやつはインワールドスカルプモデリングツールでやっていた
インワールドツールはメインで使用しているのは2.55mスケール合わせの可能なSLOFT
インワールドツールを使うメリットは私的には大きい
あらかじめ通常プリムなどで出来上がりの形状を作成し最大寸法を2.55mに合わせる
んで1cm刻みで頂点を配置していくことで元の形状に限りなく忠実に再現されたスカルプになる
大きさの影響によるLOD耐性もインワールドでやるコトで合わせ易いのだ
まぁ良いコトばかりではない
最大の弱点は頂点同士の相関がわかりにくいことと面が張られないこと
この2点はものすごいデメリットで慣れるまで相当キツイ

んでインワールドツールは他のジャンルでもチラホラと出てきたようだ
その中でも特に興味を引いたのが
インワールドアニメーション作成ツール
コレは昔IWATEツールのときに開発者との話で可能だねって話をしたコトのあるヤツだ
やっぱり造る人居るもんだな~~
見つけて思いっきり興味を惹かれた勢いでそのまま購入してしまった

んむ
やっぱり使い方よくワカンナイや
いつものコトだw(説明書読まないからだw)
アニメーションは難しいからなるべく手は付けたくないジャンルだ^^;
勢いだけで衝動買いしてみたものの
コレ使いこなせたらすごいだろうなと思ってみたりスルンダケド・・・
タブン・・・ツカウコトナイカモシレナイOrz
ただ可能性については言える
インワールドのオブジェクトそのモノに正確に合わせたアニメーションを作成できるようになるだろう
まぁコレは逆でもいいコトだけどねw
アニメに合わせたオブジェでも別に問題は無いってコト
どっちにしろアバターのサイズは人によって様々だから完全に正確になることは無いとは思う

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
るし
年齢:
10
性別:
非公開
誕生日:
2007/10/31
職業:
SL職:自由人
趣味:
SL趣味:その時その時興味を持ってやっているコトが趣味
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright ©   隠居生活記 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]