忍者ブログ
Admin / Write / Res
SecondLifeの気ままライフ
<< 12   2018/01   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     02 >>
[169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ZHAO2スクリをイジりながらプリム爪合わせる方法も同時に取り組んでみた

なるべく自動で手にフィットするプリム爪のほうがラクなんだよな~と色々とやってみる

今の段階で結論から言えばできなくはないってことがわかった

但し全て自動では不可能で初めのセッティングだけはやっぱり手動でやるしかないみたい

不可能なヶ所は
1、スクリでアバのシェイプサイズの詳細を取得できない
2、スクリで再生中のアニメーションからは手の状態まで判別することができない

1についてはフィッティングにあまり関心の無いユーザーも多い
 ウオッチングしてるとアバに綺麗に装備品フィットさせてるユーザーはそんなに居ないことでわかる
ってなことから自動でどうにかならんもんかと思ったけどどうにもならん
手動で合わせるしかない
2は今現在アバで再生しているアニメのUUIDまでは判別できるがそのアニメをアップロードした時の手の状態まではアニメのUUIDには含まれていないっぽい
アップロードアニメUUIDに付随するかたちで内蔵の手アニメのUUIDが別に設定されているような感じかな
それを読み込むことが不可能だから自動判別はムリってコトになるね

んじゃどうすればいいのか

フィッティングの問題はどうにもならん
拘っている人ならフィッティング作業はそれほど苦痛でもなかろうが
気にしない人はズレてようが気にしない人だからどうでもいいや

2のほうは再生中のアニメから判別不能でも再生するほうからは判別可能だ
AOからこのアニメを再生しなさいと指令が出る時点で手アニメもそれに従って再生する
使うアニメ見れば手の状態がわかるからAOがこのアニメ使うよって時点で手の状態をAOからプリム爪へ発信させてそれに従って爪を変化させればいい
初めに使うアニメ見てそのアニメの手の状態をAOのセッティングカードに書き込んでしまえばあとは自動で爪は手のポーズに追従するようになる

試しにやってみたらうまくいった

AOに連動させないで爪にダミーアニメ仕込んで切り替えるやりかたもできそうだ
ま~そのほうが簡単か
でもそれじゃ~顔・アニメ・手を合わせた総合表現力の向上にはならね~
爪屋にはいいかもしんないけどね
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
るし
年齢:
10
性別:
非公開
誕生日:
2007/10/31
職業:
SL職:自由人
趣味:
SL趣味:その時その時興味を持ってやっているコトが趣味
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright ©   隠居生活記 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]