忍者ブログ
Admin / Write / Res
SecondLifeの気ままライフ
<< 07   2018/08   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     09 >>
[151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

並列処理にしたせいで複雑な表情も表現できるようになったせいか
調子に乗ってばんばん表情を作成できるようになったのはいいんだけど・・
人間の表情ってのはすごいたくさんあるもんだな~と改めて実感
普段当たり前のように見ている人の表情も注意を払って見てみると実に興味深い
無表情と言われている人も注意して観察してみると微妙に表情が出ている事に気がつく
コレすごい面白い
オーバーリアクションを上辺だけ真似るのは簡単なコトなんだけど大味気味でどれも同じようにしかならないんだけど
表情変化があまり無い人の微妙に変化する表情を付け足すことで一気に味に深みが出てくるようになる
トークシーンの表情1つ取ってもその時の感情によって千差万別に表情の違いがあるものだ
実生活ではそんなの当たり前の事もSLの中では当たり前では無い
と言うか
RLとSLではそもそも視点が違う
普段の生活では誰かが話した→自然に話しする人の方を見る
SLではこの自然な動作は無い
操る人が意図的にこの動作を行わなければしない挙動
コレいちいちやっている人などいない
ってなことからSLでは表情などほとんど重要視されない分野なんだろう

ま~誰もやってないからこそ好き勝手挑戦できる気楽さってあるんだけどね
今までもそれに似たような事はずいぶんあったし~
うまくいくいかないは二の次でチャレンジすることが面白い
今でこそ角スカル使える人増えたがスカル実装後の角スカルは不可能って風潮の中で挑戦し出来る事を証明したり
同時期にインワールドスカル作成ツールの原案を練ってミッチェルさんとインワールドツール作成したり
逆にうまくいかなかった事のほうが多いぐらいだw
インワールドでアバターアニメーションを作成するツールなんかは海外に先を越されてしまったりOrz
当時まだ無かったプリムネイルは隙間産業でいけるぞ!と案を持ってって進めてみればグ~パ~の関係で未だに主流にならんしOrz
あそ~だ
最近になって流行してきたようだが半開き口のスキン
これ3年近く前にすでに有った
変わってて面白いから使ってた時期あった
正面からしか見れない2D的な欠陥スキンで流行しないだろうと思っていたけど
まさか出てくるとは意外だったな

ま~話逸れたけど
表情ネタやってて面白いんだけどさ
トーク表情だけで数十パターン超える・・・・
そんだけパターンがあっても表情の表現が被らない
そのどれもが違う感情を持った表情を出す
人間の表情を数値化するのって不可能なんじゃないかと思ってきた
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
るし
年齢:
10
性別:
非公開
誕生日:
2007/10/31
職業:
SL職:自由人
趣味:
SL趣味:その時その時興味を持ってやっているコトが趣味
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright ©   隠居生活記 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]