忍者ブログ
Admin / Write / Res
SecondLifeの気ままライフ
<< 06   2018/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
[149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さ~て

その後どう進んでいるかっつ~と

表情の作成は結構スムーズに進んで採用ネタ・ボツネタ色々と出来ています
常時アニメ・タイプ時のみのアニメとも同じコアを流用するだけにすぎないのでタイプ時に泣き顔や困り顔で話す事も簡単にできるようになっています

何で引っかかっているのかと言えば・・・・
1スクリの限界の壁がまたまた出てきた
1スクリだけで処理しようとすると不可能な表情がたくさん出てきたコト
微妙な表情を与えるためには並列処理でないとムリポ
例えるならマリオネットを1人で操作するよりも2人で息を合わせて操作したほうがって感じ
コレについては前回までのように別アプローチで1スクリになることはどんなに頑張っても無いと言い切れる
1命令の所要遅延時間とそれの誤差時間のせいで
2スクリ処理と同じタイミングで動くように書いた1スクリの表情が全く違う表情になってしまうのだ
何度やってもダメだった
ってことで1スクリで表現出切る表情は意外と少なかったようだ

ちなみに表情作成していく時は3並列で作成しています
それを1スクリに纏めて書き出しているわけです
なるべく軽くしたい思いから1スクリで頑張ろうとしてたのですが
自主規制して幅を狭める選択をするよりは
なるべく多くの表情を出すほうの選択をすることにしました

但し並列処理が増えることは負荷も多くなるためそうそう手軽に入手できないようにして共有リソース保護に努めたいと思います

ま それは置いといてっと

表情が増えるとそれに伴ってHUDボタンの個数(ダイアログの場合も)も増えていくわけだけど・・・
この問題ど~しよっかな~
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
るし
年齢:
10
性別:
非公開
誕生日:
2007/10/31
職業:
SL職:自由人
趣味:
SL趣味:その時その時興味を持ってやっているコトが趣味
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright ©   隠居生活記 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]